このショップは生活綴方出版部の書籍の仕入れサイトです。どなたでもご覧いただけますが、ご注文いただけるのは書店のみです。個人のお客様は本屋・生活綴方のウェブストアよりご注文をお願いします。

はんこ作家の岩手生活(中)

あまのさくや

岩手に移住して、丸三年が経った。

三年前、東京都・中野区から、岩手県・町へ引っ越してきた。「移住で、人生が変わりました!」とキラキラした目で言うつもりもないのだけれど……やっぱり、人生は大きく変わった。これは認めざるを得ない。

はんこ作家の岩手生活。これは、東京から移住したはんこ作家が、田舎暮らしの中で野菜育てちゃったりしながら、はんこの制作に専念して、スローでていねいなくらしで自分を整え作風を確立していく話……でも書くのかと、我ながら思っていた。だけど一向に、そうならない。移住で人生が二転三転したと思っていたのに、その先にまだ四転も五転もある。四十歳を目前にしても、まだこんなにいろんなことがあるのか。

自分のやりたいことと、現実的にできることの折り合いをつけるのがいつまでも下手で、もがきつづけている。ものごとに優先順位があることはわかっているが、私の頭の中には「最優先」と「優先」しかなく、諦めきれずに二兎も三兎も追いかけてしまう。断ることも諦めることも苦手なままで、岩手生活は、東京での生活よりもはるかに忙しくなっている。私のスローライフ、どこ行った?

ひとまず三年暮らしてみよう、と決めたのは、現在の職務である「地域おこし協力隊」の任期が三年間だったからだ。今、その任期は過ぎたものの、コロナ禍の特例措置によって任期を延長した。そしてロスタイムの四年目もまだここで、働き続けている。暮らしてみると、三年は本当にあっという間だ。今思うと、これはあれに似ている。飲み会を終えて解散しようか迷っているとき、「最後に一杯だけ飲んでいこう」と入った二軒目が妙に居心地よくて、腰を下ろして飲み出しちゃうあの感じ。「一杯だけ」とか「とりあえず三年」とか、そういう誘い文句に弱くて、気づけばなんかこの人、思ってたよりいつまでもいるな。そのくらいの存在でいられるのが、一番心地良いのだ。

(まえがきより)

目次

  • 未来がのっぺらぼうになった感じ
  • 定住、するの?
  • 「本と商店街」前夜
  • 第0回目の「本と商店街」
  • 商店街を「歩かさる」しくみにしよう
  • 手作り感満載の第一回「本と商店街」
  • 「背負わない」生き方をしてきた
  • 一日来場者千人?
  • お父さんが逝っちゃった
  • 三年間の地固め
  • おじいちゃんの誘惑
  • そうだ、チェコへ行こう
  • 岩手生活から見るチェコ生活
  • 農家女子とチェコへ行く
  • 自分の欲望をとことん叶える
  • プラハ初日のぼったくり
  • チェコの「紫波」に出会う
  • 雪の森からワインの楽園へ
  • 次は姉妹都市?
  • チェコ岩手のリモートワーク
  • そして岩手生活は続く

プロフィール

あまのさくや

絵はんこ作家、エッセイスト、チェコ親善アンバサダー。1985年、カリフォルニア州生まれ、東京育ち。青山学院大学卒業後、会社員を経て、絵はんこ作家に。著者に『32歳。いきなり介護がやってきた。—時をかける認知症の父と、がんの母と』(佼成出版社)、『チェコに学ぶ「作る」の魔力』(かもがわ出版)がある。現在は、岩手県・紫波町に移住し、「地域おこし協力隊」を兼務しながら、創作活動を続けている。

¥800