このショップは生活綴方出版部の書籍の仕入れサイトです。どなたでもご覧いただけますが、ご注文いただけるのは書店のみです。個人のお客様は本屋・生活綴方のウェブストアよりご注文をお願いします。

月とトマト

かとうひろみ

目が覚めると、おぼえのない感触のタオルケットに身をくるまれていた。

かとうひろみさんの小説に描かれるのはいつも、暮らしのすぐそばの狂気(というかひとりの人間がふつうに持つ狂気)。玄関や窓、あるいは襖(ふすま)や障子、カーテンのあちらがわの、明日の朝起きたあとの、あるかもしれない奇妙な世界…。

この小説がこわいのではない。読んだあとの生活がこわくなる。かとうひろみの「小さい本屋の小さい小説」シリーズ待望の第二弾!

 

かとう ひろみ Hiromi Kato

神奈川県川崎市生まれ。双子座O型。文芸ユニットるるるるん等で小説を発表。主な著作に『小さい本屋の小さい小説』(生活綴方出版部)、『タソガレ』(佐々木未来との共著/carrot cake press)がある。猫をこよなく愛し、蒟蒻をこよなく憎む。引きが強い。特技は一人で背中に湿布が貼れること。

¥800